お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中

試写会

映画「今 さら言えない小さな秘密」特別試写会

2019.9.4
2019.8.21 更新
応募受付は終了致しました。
日時/会場 9月4日水曜日 18時30分開場 19時00分開映 上映時間90分

飯田橋・神楽座 東京都千代田区富士見2-13-12

JR中央線・総武線「飯田橋駅」 西口より徒歩3分

東京メトロ 有楽町線・南北線・都営地下鉄 大江戸線
「飯田橋駅」 B2a・B3出口より徒歩4分

東京メトロ 東西線
「飯田橋駅」 A4出口より徒歩5分

東京メトロ 東西線・半蔵門線・都営地下鉄 新宿線
「九段下駅」 1出口より徒歩7分
STORY 人生最大の危機!もしこれがバレたら、家族も友情も失うかも!?

もし、ボールベアリングや変速機にとても詳しい人がいたら、それはきっと南フランスのサン・セロン村で自転車店を営んでいるラウル・タビュラン(ブノワ・ポールヴールド)だ。彼はものすごく評判がよく、村では自転車のことをタビュランと呼ぶほどだ。
  彼は妻のマドレーヌ(スザンヌ・クレマン)と仲睦まじく暮らしている。ところが、ラウルには誰にも言えない秘密があった。本当は、補助輪なしで自転車に乗ることができないのだ!彼は子供の頃からずっとこの欠点を隠し続け、代わりに幾度となく自転車を直しつづけ、自転車修理のエースになった。時には、みんなに秘密を打ち明けようと試みたりもするのだが、いつも失敗に終わってしまうのだった。
ある日、村人たちの写真を撮っている写真家のエルヴェ・フィグーニュ(エドゥアール・ベール)がパリから村にやってきた。二人はすぐに打ちとけ合ったが、フィグーニュは村でとても有名な急斜面の山の崖からラウルが自転車で下っていく写真を撮りたいと申し出た。マドレーヌもラウルが自転車に乗っている写真が見たいと言い出す始末。ラウルは撮影の機会をなくそうと、あらゆる手段をとるのだが、ことごとくうまくいかない。そしてついに、撮影の日がやって来るのだが…。
「ニューヨーカー」「パリ・マッチ」で活躍する世界的アーティスト、ジャン=ジャック・サンペ原作が映画化。ひとに愛されたいあまりに抱えてしまった秘密と、ひとはどう向き合っていけばいいのか?人間関係の尽きない悩みを抱えた現代の人々に贈る、太陽が降り注ぐように温かく、心を救う感動作。
監督・脚色:ピエール・ゴドー
原作・脚色協力:ジャン=ジャック・サンペ(荻野アンナ訳/ファベル刊)
脚本:ギヨーム・ローラン『アメリ』

出演:ブノワ・ポールヴールド『神様メール』、 スザンヌ・クレマン『Mommy/マミー』、 エドゥアール・ベール『モリエール 恋こそ喜劇』

原題:RAOUL TABURIN/フランス/2018 年/90 分/フランス語/日本語字幕:古田由紀子
配給:セテラ・インターナショナル
9月14日(土)より シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

映画公式サイト www.cetera.co.jp/imasaraienai

© RAOUL TABURIN 2018 - PAN-EUROPÉENNE - FRANCE 2 CINÉMA - AUVERGNE-RHÔNE-ALPES CINÉMA - BELLINI FILMS - LW PRODUCTION - VERSUS PRODUCTION - RTBF (TELEVISION BELGE) - VOO ET BE TV © PHOTOS KRIS DEWITTE