今回のゲストは先週に引き続き 女優の白石加代子さんです!!
作品は森鴎外の山椒大夫、後編をお送りしました。

さてさて、 白石さん演じる山椒大夫が 初めから大暴れしていましたね!
それにしても存在感がすごい。すごすぎる!!
ブースの中に笑い声が響き渡りました。
ご本人は 存在感、存在感って 言われなれてるのよ!笑 山椒大夫みたいな役ばかり!笑
とおちゃめに笑っていらっしゃいました(^^)
そして前編は朋子さんの語り 後編は白石加代子さんの語りでお送りしました。
お気づきかもしれませんが、 普段より語りが長めです。
語りだけで台本1ページありました。
白石さんも長いわねえ なんて言いながらも とてもとても素敵な語りでした。
語りは どのくらい話に寄り添うか、 どの立場で話すか とても難しいポジションだそうです。
演劇って深いです。深すぎます。 改めて演劇の面白さを感じた収録でした!
(by 野本ほたる)

IMG_6652.JPG

| ブログ |

今回のゲストは なんと!!女優の白石加代子さんです!!!!
そしてお話しは森鴎外の山椒大夫、前編をお送りしました。

IMG_6645.JPG

白石加代子さんのひとこと目で鳥肌がたちました。 本当にすごい。
1人で空気を自由自在に操っている。
なんだか次元が違う感じがしますよね。
実は今回わたしもブースの中にいたのですが、
隣に白石さんがいるもんだから 圧倒と緊張で小刻みに体が震えていました。
というか!!! 朋子さんが小さく見える!!!!!
今までそんな事があっただろうか...
朋子さん演じる山岡大夫は小悪人でした。
この小悪人に朋子さんは苦戦! 悪いんだけど悪くなりすぎない...
白石さんも こう言う役が1番難しいよね(^^; とおっしゃっていました。
いろいろ試しながら途中 あれ?どんな人だっけ??? なんて言いながらキャラクターを作っていました。
そしてそして待ちに待った 山椒大夫の登場!!!!
母親のあの優しい声はどこえやら。 山椒大夫については次のブログで!
来週の放送もお楽しみに(^^)
(by 野本ほたる)

IMG_6651.JPG

| ブログ |

今週は先週に引き続き、んゲストに角野卓造さんをお迎えして、
田中英光の『オリンポスの果実』後篇をお届けしました。


この番組ではマイクの位置が向い合うようになっており、顔を見ながらラジオドラマ
の収録ができます。
隣り合って収録する現場も多い中、より空気感を共有しやすいかもしれません。

ゲストの角野さんは、向かい合ってお芝居できたことを喜んでくださいました。
空気を作り上げやすかったようです。

1.jpg


今回の作品は、作者の実体験が元になった、言わばドキュメンタリーのようなもの。
主人公坂本の回想形式で物語が始まります。


角野さんは自分の青年時代を振り返りながら演じていました。

私も最近、自分の学生時代を振り返ることがあります。
自分の感覚が変化したあとに振り返るからこそ当時の気持ちが理解できたり、客観的
に見られたりするものです。
かと思えば、一瞬で当時の気持ちが主観的に蘇ることも。


どの年齢でも演じられるのがラジオドラマの特権でもあるので、私も自分より若い役
を演じる機会があれば、以前とは違う感覚になれそうです。


ラジオドラマを聴くときも同じで、振り返りながら聴くとまた違った味わいがありま
すね。

4.jpg

(by  田上真里奈)

| ブログ |

今週は、ゲストに角野卓造さんをお迎えして、田中英光の『オリンポスの果実』前篇
をお届けしました。

角野さんはラジオドラマの経験が数多く、収録がとてもスムーズ。
しかし中身を詰める作業も怠りません。
人物像から、台詞ひとつひとつのニュアンスまで、作家さんと話し合う姿が印象的で
した。

2.jpg

角野さんが演じたのは、ボート選手の坂本。
身体は大きいが女々しい青年です。
中嶋さんは坂本が恋する凛々しい女性、秋子を演じました。

今回聴きどころだったのはデッキで2人が話をするシーン。
高知のよさこい節を口ずさむ2人は、笑い合ったり一緒に合わせて歌ったり、なんと
も初々しく微笑ましい臨場感が漂っていました。

対談では、本屋巡りのお話が聞けました。
角野さんは、地方に行った時も必ず本屋に行き、その土地の雑誌などを見るそうです。

自分の色を土地の空気とマッチさせると、その場所の影響を受け、普段とは違う心地
良さがありますよね。

私も舞台で1ヶ月新潟に滞在していたことがありますが、その土地のお気に入りの洋
服店やカフェ、本屋を探すことから始めた覚えがあります。

今回のラジオドラマの題材『オリンポスの果実』も、日本の作品でありながらロサン
ゼルスへ向かう船の上ということで、どこか日本離れした雰囲気があります。


作品には、舞台になった場所が深く関わっていることを実感します。
本と共に、様々な場所に旅をしてみたくなりました。

3.jpg

(by 田上真里奈)

| ブログ |

ゲストは女優の音月桂さん。
作品は先週に引き続き、ヘンリックイプセン作、人形の家/後編をお送りしました!!


IMG_2996.JPG

音月さんが文学の扉に来てくださったのは今回で2度目!
ただ今回は公開収録だったので
スタジオ収録とはまた違った緊張感が...

とはいっても、
休憩になると音月さんの笑い声が会場に響いてきます。

音月さんがいるだけで
明るい空気に包まれる感じがとてもして
なんだか全員つられていつも以上に笑顔が多い現場だった気がします。

これが音月さんパワーなんでしょうか。

フリートークのときの
お二人は本当に仲良しな雰囲気が伝わってきましたよね。
双子座だもんねーー!!
なんて言ったりしていて、双子座羨ましい(笑)


IMG_3047.JPG

この公開収録は
真剣に芝居しているときと
素でいるときの両方の顔が見れるので
本当に贅沢ですよね。

朋子さんと音月さんの配役が
逆バージョンも見てみたいな
なんてさらに贅沢な欲がでてきました笑。

今度の公開収録はいつかなあ?
今から楽しみですね!!

(by 野本ほたる)

IMG_3199.JPG

| ブログ |